経理関係の大変さと税理士の活用

フリーランスを始める際には事業内容をよく考えて、いかにして事業を成功させていくかということに焦点をおいているのが一般的である。特に事業開始の際には様々な企業とのやり取りも行わなければならないことも多く、自分のペースで仕事をすることもできなくて振り回されがちであり、なかなか落ち着いた時間をとれないことも稀ではない。そうして事業を展開していく際に忘れてしまいがちなのが、出納帳をしっかりとつけていくということである。

フリーランスをしている以上は所得があれば確定申告をして納税しなければならない。しかし、それを行うためには収支がはっきりとする帳簿を準備しなければならず、経費となるものを挙げていくためにはその領収書も準備しておくことが必要になる。そういった経理関係の仕事を怠ってしまうと確定申告をする段階になって苦労してしまうのである。特に1年目の際にはその認識すらできていない場合もあり、途方に暮れてしまうことも少なくない。

そういった場合にはまずは税理士に相談することから始めると良いだろう。残っている領収書等の書類をもとにしていかにして確定申告の書類を作成できるかを考えてもらうことができるからである。それと同時に、翌年に向けてどういった準備が必要かについての相談をすることができる。そうやって確定申告を行うために必要となることを教わっていくことで段々と経理関係の苦労を減らしていくことができるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です